鎌倉 極楽寺・稲村ケ崎 海道 山道 お散歩ガイド

鎌倉市極楽寺、稲村ガ崎の観光情報、アートフェスティバル情報を配信しています。

極楽寺稲村ガ崎アートフェスティバル スペシャルイベント

下記掲載文、及び情報は終了済みの第20回(2016年10月開催)の内容となります。最新の情報とは異なりますのでお気を付け下さいませ。

 毎年恒例のスペシャルイベント。

今年もたくさんのアーティスト達を迎え、質の高いパフォーマンスをお客様に至近距離でお届け致します。
大きな会場では感じられない、アーティストの息づかいまでご堪能頂ける毎年人気のイベントに加え、
本年新たに公演が決まったコンテンツもございます。
たくさんの方々のご来場をお待ちしております。
 
お申し込み・お問合せは下記までお気軽にお申し付け下さいませ。
━━━━━━━━━━━━━━
どんぐり工房 TEL:0467-32-9832 mail to: info@dongri-ko-bo.net
10:00-17:00〔水曜定休〕
■お電話かメールでお気軽にご予約下さい。
■郵便振替用紙とチケットをご送付致しますので、指定口座に代金をお振込下さいませ。
〔お振込手数料は誠に恐れ入りますがお客様にてご負担頂きますよう宜しくお願い申し上げます〕

●郵便振込先情報●
口座名: 極楽寺・稲村ガ崎アートフェスティバル事務局
口座番号: 00280-4-34046
━━━━━━━━━━━━━━

各開場・開催地の場所はこちらからご確認ください。

10月9日(日) 『耳なし芳一』 〜小泉八雲〈怪談〉より〜
10月9日(日) 『耳なし芳一』 〜小泉八雲〈怪談〉より〜

青木裕子(朗読)×坂田明(サックス、クラリネット、バスクラリネットほか)
15:00開場 15:30開演 場所/極楽寺客殿
定員/70名 料金/4,000円[茶菓子付]

 
平家一門を祀った阿弥陀寺。そこに住む芳一(ほういち)という盲目の琵琶法師は平家物語の弾き語りが得意で、特に壇ノ浦の段は「鬼神も涙を流す」と言われるほどの名手だったという。
ある夜…  朗読と音楽で妖しくも魅力ある世界がひろがります。

●青木裕子
一般社団法人軽井沢朗読館館長
朗読家、元NHKアナウンサー、軽井沢町立図書館館長。1973年、NHKに入局。 37年間、NHK総合テレビ「スタジオ102」のキャスター担当に始まり、テレビラジオで活躍。一貫して現場でアナウンサーを勤める。ラジオ第一放送「ラジオ文芸館」や「ラジオ深夜便」で朗読番組の制作・朗読をライフワークとし、その延長で退職後、軽井沢に私費で建てた「軽井沢朗読館」の館長を勤め、朗読や音声表現の楽しさを広め伝える活動を全国でおこなっている。日本文藝家協会会員

●坂田 明 (ミュージシャン/東京薬科大学生命科学部客員教授、広島大学大学院生物圏科学研究科客員教授)。1945年、広島県呉市出身、72年~79年山下洋輔トリオに参加、メールス、ベルリン、モントルー、ニューポート・ジャズフェス等に出演。近年はジム・オルークとの共同プロジェクトを多数展開。2013年ノルウェー、モルデ・ジャズフェスティバルに出演を機に「ARASHItrio」(ヨハン・バトリング:Bass,ポール・ニルセン‐ラブ:drums)を結成、2015,2016ヨーロッパと日本をツアー中、CD,LPを2枚オーストリアのトロスト・レーベルで制作ほかCD、LP多数。近著は「私説ミジンコ大全」CD「海」付(晶文社)。
http://www.akira-sakata.com


最初になっちゃんの紙芝居をお楽しみいただきます♪★
オリジナルのご当地紙芝居で全国を飛び回っているなっちゃんが地元極楽寺に登場!


●中谷奈津子
石川県金沢市出身。
NHKの契約アナウンサーを経てフリーに。ドラマ、CM,映画などに出演。2012年より鎌倉在住。



江ノ電車両コンサート催行決定!!
10月10日(月祝)江ノ電車両コンサート

出演者/三四朗(サックス)
夜7時半頃を出発予定 料金/3,000円[ドリンク付、乗車券含む]
場所/江ノ電鎌倉駅乗車

 
江ノ電車両を2両貸し切って、鎌倉ー藤沢間の往復の間、車両内でコンサートをお楽しみいただきます。前回大好評だった三四朗が再び車両内でサックスの演奏をいたします。
■鎌倉駅19:30ごろ出発(※19:00までに受付をお済ませ下さい)→藤沢駅→鎌倉駅下車(所要時間約80分)
尚、途中下車、乗車はできません。お配りする乗車券は当イベント車両のみ有効で、他には使用できません。正式な出発時刻等詳細は決まり次第アートフェスティバルHP掲載、または事務局へお問い合わせください。

●三四朗(サックス)
バークリー音楽院を卒業。ニューヨークを拠点にボストン、パリ、ロンドン、などでストリートパフォーマンスを展開。国際色豊かな感性で、メジャー・マイナーを問わず、常に新しいものに目を向けている姿勢はストリートパフォーマンス時代から決して変わることはなく、異種芸術の混合や新しいメディアにも挑戦し続けている。



10月2日(日) 杉浦 充 〜独箏(ひとりごと)〜
10月2日(日) 杉浦 充 〜独箏(ひとりごと)〜

13:30開場 14:00開演
場所/雪月花(柴田邸)
料金/3,000円[茶菓子付] 定員/50名
三種類の箏(13・18・20絃)と地歌三絃を駆使した自作自演のソロユニット。「らいぶ 独箏 ひとりごと」の活動を軸にソリストとして、またさまざまな邦楽ユニットのメンバーとして国内外で活動を展開。洋邦問わぬ様々なジャンルのミュージシャン、アーティストとのコラボレーションも重ねつつ現在に至る。箏の独奏曲を中心に和楽器を用いたオリジナルの楽曲制作多数。ソロCDをこれまでに4枚リリース。最新CDも5月にリリース。


10月3日(月)  極楽寺・稲村ガ崎『山野草ツアー』 ※雨天の場合は5日(水)
10月3日(月) 極楽寺・稲村ガ崎『山野草ツアー』 ※雨天の場合は5日(水)

10:30〜12:30 場所/10:15 江ノ電極楽寺駅集合
料金/1,000円 定員/25名 

※雨天の場合前日に事務局に
電話確認してください。
極楽寺谷戸在住の山野草に詳しい小海寿子さんが、草花の名前の面白さや持っている意外な力などをお話しながら、極楽寺・稲村ガ崎 をご案内いたします。秋を肌に感じながら、自然にふれてみませんか。


10月5日(水) 幇間[ほうかん]悠玄亭玉八 〜日本のお座敷芸たいこもちの世界〜
10月5日(水) 幇間[ほうかん]悠玄亭玉八 〜日本のお座敷芸たいこもちの世界〜

18:00開場 18:30開演 場所/稲村ガ崎自治会館
料金/3,500円[軽食とお酒付] 定員/45名
江戸時代に花開いた歌舞伎や寄席などの大衆演芸をベースに独特な芸として発展したお座敷芸の幇間。しかしその伝統を継ぐのはわずか4人のみ。その第一人者、悠玄亭玉八の粋で洒脱で艶のある芸をマジかでお楽しみください。


10月7日(金) チェロと萩とコスモスと 〜藤村俊介〜
10月7日(金) チェロと萩とコスモスと  〜藤村俊介〜

13:30開場 14:00開演 場所/極楽寺客殿
料金/3,000円[茶菓子付]  定員/70名
俊介さんの極楽寺での演奏は早いもので今年で7年目になります。N響の定期演奏会に加えて相変わらず若々しい姿で各地の演奏会でファンを魅了しています。今年はN響のトップ・ヴァイオリニスト、大宮臨太郎氏がご出演くださいます。今年も極楽寺の庭には萩が咲き、客殿の庭ではコスモスが踊っております。秋の午後のひと時チェロの音で心を癒しましょう。


https://www.facebook.com/gokurakujiart

Facebook始めました!
最新情報を随時更新してます。
『いいね』ボタンのクリックお願いします♪

アートフェスティバルパンフレットPDF版

アートフェスティバルパンフレットPDF版(1.3MB)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


ページトップ

Copyright ©2010 極楽寺・稲村ガ崎アートフェスティバル実行委員会